FC2ブログ

01

25

コメント

嬉しい感想と『見えない性的指向 アセクシュアルのすべて』

(2024/1/25)

 今回は2024年最初の記事です。日本は新年早々大きな天災と事故に見舞われ、たいへんな幕開きとなってしまいました。寄付など(少額ですが)できることをしつつ、なるべく気持ちを落ちつけるために、いまはロバート・マキャモン『少年時代』(二宮磬訳・ヴィレッジブックス刊・残念ながら絶版)を少しずつ再読しています。先日作家の藤井太洋さんも「知ってる話を読み返すのは落ち着くね」とSNSに書いていらっしゃいました。絶対におもしろいとわかっている作品の再読は、安心して物語世界にひたれて(少しのあいだでも現実から離れられて)、こういうときに向いていると思います。

IMG_2345.jpeg

 さて、昨年11月に刊行されたアレックス・ジーノ『リックとあいまいな境界線』について、読書メーターに嬉しい感想を書いてくださっている方々を発見しました。この本は2020年コロナ禍真っただ中にリーディングをして、版権がすみやかに取られ、訳稿も2020年中に納品していたのですが、そこからがいろいろとたいへんでした……(ゆえに刊行までに3年もかかっているわけです)。そのため、こうして実際に邦訳版を手に取り、“読んでよかった”と思ってくださる方々の声に触れられて、喜びもひとしおです。刊行直後には銀座教文館の児童書売場〈ナルニア国〉さんの「きになる新刊」にも取りあげていただきました。読んでくださったみなさま、本当にありがとうございます。
 LGBTQ+に関する部分に加えて、友達とのつき合い方、そして(このごろかなり増えてきている印象の三人称単数のtheyをはじめとした)代名詞の話題などについても反応していただいていて感動です。がらくたどんさんは当ブログの11月の記事にコメントも寄せてくださっているのですが——だからここでメンションしても大丈夫だといいのですが——本書について「曖昧な性自認を広い空に解き放つ物語」というすてきな表現をしてくださっています(そのままキャッチコピーとして帯に使えそう!)。本書が、ゆっくりとでも、必要とする人たちの手に届いていきますよう。

 ここで、その11月の記事の最後に書いた、アセクシュアルを理解するうえで参考になる本をご紹介したいと思います。理解するうえで参考になる本というより、わたしが読んでよかったと思う本と言ったほうがいいですかね。ジュリー・ソンドラ・デッカー『見えない性的指向 アセクシュアルのすべて』(明石書店)です。

IMG_2329.jpegIMG_2330.jpeg

 複雑だったり、わかりにくかったりする世界情勢や社会問題に関する本・記事を読んだあとにときどき経験するのですが、読んでいるあいだは理解が深まって頭のなかの整理ができたように感じるものの、しばらくすると「あれ?」と、またよくわからなくなることがあります。これには年齢も関係しているだろうし、最近はややあきらめの境地です。
 ただ、だからこそ、信頼できる本が手元にあって、またわからなくなったときに読み返すことができるとありがたいと思っています。『見えない性的指向〜』は多くの人にとって、そんな存在になる本ではと感じています。
 
 本文はパート1から6に分かれていて、その下にわかりやすい小見出しがついています。パート5 知っている人がアセクシュアルか、そうかもしれないと思ったら を例に取ると アセクシュアルの人はどうしてほしいの? どうすれば受け入れられたと思ってもらえるの?/どんなことを言ったりしたりしてはいけないの?/子どもがアセクシュアルだと言ったら? まだ若いのに、どうしてわかるの?(抜粋)などです。このため、「また理解が曖昧になってしまった」とか「自分はどうしたらいいだろう」と思ったときに、参考になる箇所を見つけやすいと思うのです。

 あとですね、著者ジュリー・ソンドラ・デッカーさんの語り口が冷静でとてもよかった。いまメディアに出て、LGBTQ+にかぎらずマイノリティについての理解を広めたり、ハラスメント行為に抗議したりしている人たちを見ると、辛抱強くてすごいなあと思うことがあります。本書にはアセクシュアルの人が直面する無理解の例が紹介されていて、当事者の人たちなら感情的になったり、非当事者を非難するような調子になっても当然では……と感じる箇所があるのですが、あくまで理性的な文章なのです。非当事者に対する理解や思いやりも感じられるというか。これ、本当にすごいことだと思うのですよ。
 2019年4月初版刊行で、わたしが持っているのは2022年4月の7刷。こういう派手ではない本がしっかり重版して書店に並んでいることに希望を感じます。このすばらしい本を日本語にして届けてくれた翻訳者の上田勢子さん、版元の明石書店さんに感謝です。
 『見えない性的指向 アセクシュアルのすべて』はノンフィクション、『リックとあいまいな境界線』はフィクションですが、これからいろんなフィクションとノンフィクションの両方の力が合わさって、多様な人が生きやすい世界へと変わっていきますようにと——簡単にいかないのはわかっていますが——祈ります。

02

24

コメント

伊藤遊『鬼の橋』(福音館書店)

(2023/2/24)

 翻訳小説を続けて読んでいたので、ちょっとchange of pace しようと伊藤遊『鬼の橋』(福音館書店)を読みました。第三回児童文学ファンタジー大賞受賞作。とてもよかった。

IMG_1963.jpeg
IMG_1965.jpeg

 平安時代の実在の人物、小野篁(おののたかむら)の元服前を描いた、少年の成長物語。読みはじめる前は坂上田村麻呂がどんな描き方をされているのか気になっていたのだけれど(というのは英雄としての側面が強調されすぎだったりすると、それはちょっと……なので)、豪快で勇猛ながら、人を大勢殺めた将軍の悲哀がきちんと描かれていて、胸を揺さぶられました。
 読了後に検索したら、福音館書店のTwitterアカウントが本書を『鬼滅の刃』が好きな子たちに薦めていました。なるほど。もうちょっと上の世代(?)なら、十二国記シリーズが好きな人とか相性がよさそうとも思いました。ただ、感想を調べてみたところ、異世界との行き来などに対する期待が強いと、少し派手さが足りなく感じる人もいる印象を受けました。篁(たかむら)が出会う怪力の男、非天丸や、浮浪児、阿子那らとの心の交流が、やはりこの作品の大きな魅力なので、人物描写や心情表現に惹かれる人のほうが楽しめるかもしれません。とはいえストーリー展開もおもしろいので、年齢性別にかかわらずぐいぐい引っぱっていかれる確率は高いはず。

 この本は教文館ナルニア国のブッククラブのラインナップに入っていたため、出会うことができました。このきっかけがなければ、わたしは伊藤遊という作家さんを知ることなく終わっていたでしょう。つくづく、本との出会いも運、縁だなあと思いました。
 誰が、どの作品を、どういうふうに紹介するかって大きいと、最近あらためて感じています。特に、“本はたまに読む”くらいの人にとって。紹介されて手に取ってみた本がつまらないと(もしくは紹介のしかたが不誠実だと)、そういう人のほうが受けるダメージが大きく、読書から離れていったしまう可能性があるはずだからです。
 100%好みの合う人なんているわけはないし、ある程度の試行錯誤は必要だと思います。ただ、“本はたまに読む”という人も、好みの本、「読んでよかった!」と思う本と出会いやすい環境がもっと整うといいなあと思います。


 そうそう、小野篁について検索していたら、宝塚で舞台化されていたことを知りました……。さすが宝塚。カバー範囲広し。

09

29

コメント

おもしろいと思ったのに……

(2022/9/29)

 読んだのに、そのうえおもしろいと思ったのに、その本の存在がすっかり頭から抜け落ちていた……という経験をしたこと、ありますか? わたしは先日、電子書籍でそういう本を見つけて、しばし呆然としてしまいました。

 バルバラ・ベルクハン『ムカつく相手を一発で黙らせるオトナの対話術』(小川捷子訳・CCCメディアハウス)です。
 インパクトのあるタイトルがついていますが、原題は Judo mit Worten: Wie Sie Gelassen Kontra geben。ドイツ語なのでGoogle翻訳を使うと、“柔道の言葉:冷静に対抗する方法”という日本語になります。内容的には原題のほうが近いかと。スプレッドシートでつけている読書記録によれば、わたしは2015年に読了していて、「とても参考になった」とあります……。



 読んだけど内容を忘れてしまった、とか、(あまり好みじゃなかったので)読んだことも忘れていたという本はわりとあります。でも、本書に関しては存在を思い出せなかったことに呆然とする理由があって。
 少し前になるけれど、「不愉快なことがあったときに、ただ我慢するのではなく、ユーモアを交えて対応するコツみたいなものが書いてある本ってないかな?」と思って、電子書店などでちょっとさがしてみたんです。でも、なんかピンとくるものがなく。ところが、先日たまたま自分の電子書籍のライブラリを見ていたら、本書が目につき、「あ! あれ? 少し前にわたしが読んでみたいと思ってた本って……まさにこれだったのでは」となったのです。「こういう本が読みたい」と思ったら、せめて「前にそういう内容の本を読んだ気がする」くらい思い出せよー、自分。記憶力の衰え、ここまで来たか……。それに、せっかくいいことが書いてあっても、ぜんぜん身についてなかったってことですよね。

 それはさておき、この本、ほんとにおもしろいんですよ。再発見(?)してから外で拾い読みしていたら、コーヒー噴きそうになりました。ユーモアが効いてるんです。
 著者のベルクハンさんはアジアの格闘技の知識があって、本書でも柔道や合気道を引き合いに出しています。本書のような翻訳ものの自己啓発書の場合、著者がアジアや日本の文化(禅とか)に興味を持っていると、国民性の違いを超えて日本の読者も共感を持てる内容の確率が高いと感じているんですが、本書はまさにそれ。
 「相手をギャフンと言わせたい」という人には不向きですが、不愉快な場面で、相手と同じ土俵にあがってしまうことなく、事態に対処する方法や考え方が紹介されています。
 ユーモアに関しては、例をあげると、おすすめできない対処法として突然「わら人形」が出てきたりするんです。このへんの訳語は、日本の読者におかしさが伝わりやすいように、訳者さんの工夫など入ってるかもしれませんが。こういうジョークが盛りこまれた楽しい語り口が本書の魅力のひとつ。

 自己啓発書はわたしも何冊か訳したことがあります。読者の方から初めてお便りをいただいたのは『思い込みを捨てろ、人生は必ず変わる』(ウォーレン・バーランド/主婦の友社)を訳したときのこと。1999年刊行の本なので、出版社経由のお葉書でした。お名前と住所も書いていただいていたので、お礼のお返事をすることも可能だったのに、しなかったことがいまとなっては心残り。単独の訳書としてはまだ2冊目で、読者さんからお便りをいただけるなんて思ってもいなかったため、ただただびっくりしてしまったんですよね……。

 『ムカつく相手を〜』の訳者あとがきで小川捷子さんは「翻訳された国の多さを思うと、人間というのは同じような悩みを抱えているのだなあと、いまさらのように思わずにはいられません」と書いていらっしゃいます。ほんと、海外の自己啓発書を読んだり、訳したりしていると、「え、日本人じゃなくても、こういうことで悩むんだ!」と驚いたり、ちょっと安心(?)したり。そういう「他の国の人との共通点」みたいなものが見つかるのも、こういう自己啓発書のおもしろさだと思います。
 ベルクハンさんの著作は邦訳がほかに何冊もあって、文庫化・電子書籍化などを経て、長く読まれているようです。

06

15

コメント

米原万里『オリガ・モリソヴナの反語法』(集英社)

(2022/6/15)


米原万里『オリガ・モリソヴナの反語法』

 数年前に電子で買って、読みそびれていた本。ロシアによるウクライナへの侵攻が始まってから、ロシアや旧東側諸国、そこに暮らす人々について、テレビのドキュメンタリー番組などとは少し違った方向から、理解を深めることはできないかと読みはじめました。

 巻末に池澤夏樹氏との対談が収録されていて、その冒頭で池澤氏が「これは基本的に謎解き物語です」と述べているとおり、ミステリ色が濃く、知らなかったわたしはちょっと驚きました。舞踊教師であるオリガと、オリガの同僚でフランス語教師のエレオノーラは強烈な個性を放つとともに、その過去は謎に包まれていた……その過去が明らかになっていく後半は特に、ぐいぐい読まされました。

 旧共産圏をよく知る米原さんならではの人物や社会の描写が、やはり興味深かったです。ウクライナの人々が強制収容所へ連行されているという情報もあるいま、登場人物がラーゲリへ送られる場面などは読んでいてきついときもありました。けれど、悲惨な出来事が描かれているわりに、本書の読後感はさわやかでした。巻末の対談で池澤氏は次のように述べています。

強制収容所でどういう暮らしが営まれていたか、どのような苦労があったかが、読んでいて身につまされる。ひしひしと迫ってくる。それでいながら、全体のトーンがものすごく若い。子供たちの話から始まるだけでなく、ある年齢になって崩壊後のロシアを再訪して謎解きをする主人公シーマチカも若い。よって、旧ソ連のどうにもしようのない闇の濃さがうまく中和されて、明るさと暗さが対照的になって、どちらもくっきりと際立つ。
(米原万里. オリガ・モリソヴナの反語法 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.6105-6106). Kindle 版. )

 この主人公たちの若さと明るさがあったから、わたしは本書を読了できたのかもしれません。それと、オリガとエレオノーラが遭遇した苦難を、必要以上に描きこむことはしなかった米原さんのスタイルにも救われた気がします。
 猟色家だったという政治家ベリヤに関する部分だけ、文章のトーンがほかと違うように感じたのだけれど(主人公がオリガたちの過去と関係がありそうな手記を読む場面)、そのすぐあとに「この資料はどれだけ信憑性があるの?まるで見てきたような描写だけれど、それにしては、扇情的な読み物風だし」(米原万里. オリガ・モリソヴナの反語法 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.4051-4052). Kindle 版. )という文章があったので納得しました。

 最後にロシア人について、池澤氏と米原さんの印象に残った言葉を巻末の対談部分から引用しておきます。

(池澤氏)
この本を読んでから、ロシア人の性格について考えているんです。倫理的に非常にきちんとした正しい人と、堕落した人の両方がいるでしょう。どこの国でもそうだけれど、その対比が特に甚だしい気がした。(米原万里. オリガ・モリソヴナの反語法 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.6234-6236). Kindle 版. )

(米原さん)
スターリン時代のソビエトのような独裁体制の国は、悪い人は絶望的に悪い。その一方で、こんなに人がよくて大丈夫なのかと心配になるほどいい人がたくさんいます。でも、猜疑心を持たないいい人が巨悪を許す、という点では、いい人の罪も重い。(米原万里. オリガ・モリソヴナの反語法 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.6242-6244). Kindle 版. )

05

29

コメント

『鏡の中のクリスティー』・『アガサ・クリスティーの真実』

(2022/5/29)

 気がついたんですが、前回も前々回の記事でも「本当にあっという間」に日々が過ぎたと書いていました。いやはや、語彙……。5月ももう月末ということに驚いています(笑)。

IMG_1720.jpeg

 さて、先日『鏡の中のクリスティー』(中村妙子著・早川書房)について、「読み終えるのが勿体なくて、時間を掛けて読んだ」という方のツイートを拝見しました。この本、1991年の刊行でいまは絶版ですが、本当におもしろく、特にクリスティ作品の人物造形に惹かれる方なら絶対に楽しめると思います。

IMG_1721.jpeg

 二年ほど前からGWごろに大掃除をするようにしていて、そのときに本棚の整理もしているんですが、先日、本棚の整理をしていたときに自分が持っている『鏡の中のクリスティー』を見て、「付箋貼りすぎでしょ」と苦笑していたところでした。

 中村先生は本書のほかに『アガサ・クリスティーの真実』(1986年・新教出版社)という本も出版されていて、わたしはこちらを先に読みました。読んだのは社会人になってからだったんですが、大学時代、ゼミ論を書くのに苦労した記憶がまだ新しく、「あー、この本を読んでいれば、もう少しいいゼミ論が書けたかも」と残念に思ったのを覚えています。当時の読書ノートをひっくり返してみたら、「ああ論文はこう書くといいんだな、引用はこうすると効果的なんだなと参考になる点が多かった」と書いてありました。このブログを読みにきてくださる方に学生さんはいらっしゃらないかとは思いますが、『アガサ・クリスティーの真実』も『鏡の中のクリスティー』も文学系のレポート・論文などを書く際には、こんなふうに書くとわかりやすくておもしろいというお手本になるのではないかと思います。

 残念ながら二冊とも絶版で、古書でもあまり流通はしていないようです。ただ図書館には入っているかも? 確認したところ、わたしの居住区はどちらも1冊ずつですが所蔵されています。

 ここで、貼りまくりの付箋箇所のなかから一部を引用してみましょう。読者によって好みが分かれる“推理小説中の恋愛要素”に関する部分です。

 //クリスティーの作品にはどこかしらに必ず、恋愛乃至夫婦間の愛憎が盛りこまれている。『自伝』には『スタイルズ荘の怪事件』について、「わたし自身、推理小説に恋愛の要素を持ちこむと話がひどく退屈になるということは知っている。恋愛はロマンティックな物語に属すべきものだと感じてもいる。科学的なプロセスであるべきものに、愛というモチーフを入れこむのは場違いだ。しかし当時の推理小説にはそうした要素はむしろ必然的であった。だからわたしもそれに倣ったのだった」と記している。
 しかしどうもそれだけではなさそうだ。事実、最後の最後まで、すなわち『カーテン』、さらに『スリーピング・マーダー』まで、愛はつねに彼女の作品の潜在的な主題だった。そして推理小説に盛りこみきれなかったものが、六冊のメアリ・ウェストマコットものに横溢したのであった。推理小説の場合にもしばしば恋愛が強力なモチーフとなっているのは、彼女の作品が登場人物の人間関係を軸として展開していくからで、当時の推理小説の常道にならったという以上にはっきりした必然性をもっていた。人間の関係が最も濃密な表われ方をするのは、愛憎においてなのだから。
 クリスティーは、すぐれた推理小説はよく工夫されたクロスワード・パズルのように面白くなくてはいけないと考えていた。しかし彼女は、読者に知的満足感を味わわせることができさえすれば自分の役目は終わるなどとは思っていなかったのである。
(『鏡の中のクリスティー』p.115〜116より)


 ほかにも犯罪小説の暴力場面や残虐行為に関するクリスティの考え方が書かれていたりと、パラパラめくってみるだけでも興味深いところがいっぱいです。復刊されればいいのになあと思います。

プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad