FC2ブログ

01

29

コメント

無料電子ブックにわたしの訳文が無断で大量に使用されてしまいました

IMG_2348.jpeg
ヘレン・エクスレイ編『希望のことば』(中村妙子訳・偕成社)
1999年の刊行時に恩師からいただいた御訳書。昨年書店でも見かけましたが、まだちゃんと生きているのすごいです。
わたしがときどき読み返すのはハリエット・ビーチャー・ストウの次の言葉。

行きづまって
もう耐えられない
そう思うとき
そういうときこそ
あきらめずにお待ちなさい
そういうときこそ
潮の変わりめなのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(こういう記事を書かざるを得なくなり残念です)
(下記の件については、いま版元と話し合いが進んでいます。わたしだけでなく、翻訳者全体の人権と著作権が尊重されることが確認される結果になるよう双方努力中です。みなさまにはぜひ、下記をお読みいただいたうえでどうぞ温かく見守ってくださいますよう、よろしくお願いいたします。 2月3日追記)
版元からの謝罪文が出ました。この件については、またあらためてブログ記事を書きたいと思っていますが、Twitterのほうに関連の投稿をしましたので、まずはそちらをご覧いただけると幸いです。 3月18日追記)

 わたしはある版元の編集者(以後A)から、度重なるモラルハラスメントを受けていました。フリーランスに対するモラルハラスメントについてはこちらの記事 の(ケース4):力の差を利用して、精神的に追い詰めてくるがわかりやすいのでご覧ください。記事に「このタイプのハラスメントは、被害を受けている本人も、なかなか気が付けないものです」とありますので、「わたしは大丈夫」と思う方も一読をおすすめします。
 さて、昨年夏より、Aの上司である役員とわたしのあいだで話し合いが始まり、Aは現在わたしが翻訳を担当するシリーズの担当をはずれた形になっています。
 問題の電子ブックが公開されたのは、わたしと役員との話し合いが始まり、Aが担当をはずれたあとですが、電子ブックの企画作成はAが行いました。
 役員はAを担当からはずすとき「内容は教えられないが、Aは処分する」と述べたメールを送ってきて、その後「Aは反省している」と何度も言って、わたしを納得させようとしていました。しかし、この訳文の無断使用の件をAが役員に報告していなかったことを見れば、当人が反省などしていないことは明らかです。ちなみに、わたしとしては「処分の内容は教えられない」と書いてあった時点で「実際には何もしないのではないか」とある程度の予想はしていました。
 Aはこの版元のウェブ展開のヘッド(のひとり)で、そのポジションもそのままということです。役員は「ITが苦手」で、Aには「ほかの社員では補うことのできないウェブ知識」があるというようなことを、わたしとの最初の話し合いで述べていました。

 今回の訳文無断使用の件は、わたしが抗議すれば、関係者のうちにショックを受けるだろう人がいるし、電子ブックの元になったシリーズ作品に対するイメージが悪くなってしまう可能性や今後の自分の仕事のことを考えて、わたしが気がついても抗議しないだろう、もしくは抗議しても黙らせられると考えたものと思われます。

 ここで述べておきたいのは、電子ブックにわたしの訳文と一緒に掲載されているイラストとそれを描いたイラストレーターさんにはなんの罪もないし、わたしは同じ作品の邦訳版にかかわるチームのメンバーとして彼女をとても尊敬しているということです。Aと版元が作品のプロモーションをほぼまったくしなかったころから、目を惹くSNS投稿で作品の人気を盛りあげてくださいました。
 ただAによるハラスメント行為と、翻訳者としてのわたしを軽んじる言動に繰り返し精神的苦痛を味わわされてきたため、この電子ブックの公開はわたしにとってつらいものでした。そのため、掲載されているイラストは見た(そしてすばらしいと思っている)ものの、見るのはそこまでが精いっぱいで、自分の訳文がどこまで使われているかは確認することができずにいました。しかし、SNSで「これが無料なんて出版社太っ腹!」「え、試し読みでこんなに読めるの?」という内容の投稿を何度か見て、「これはやはり確認しなければ」と、先日ようやく通常の電子書籍版の試し読みとの分量の違いを確認できたしだいです。

 役員に抗議のメールを送ると、Aがわたしから訳文使用範囲の了承を得ていないことを認めたため、電子ブックの公開を2月1日以降になるが停止するとのメール返信が即日ありました。しかし、「大変申し訳ございません」というだけで、訳文の無断使用の補償や、Aや版元からの正式な謝罪についてはいっさい言及がありませんでした。さらに、電子ブックは公開をいったん停止したあと、試し読みの部分を通常の分量のものに差し替え、ほかにも変更を加えて「改訂版」として続刊のプロモーションに用いるつもりらしく、公開前にわたしに「ご覧いただく」ことで幕引きをはかろうとしました。わたしはこの電子ブックを「見るのが苦痛だ」と言っているのに、さらにもう一度中身を確認しろというのです。
 再度ガイドブックを配信するなら、「改訂版」ではなく、Aとは違う人物が違う形でイラストレーターさんとガイドブックを作成しなおしてほしいと役員には伝えました。

 役員からすれば「この時点で電子ブックの公開停止をすれば誠意ある対応」だと考えているのだと思われます。ただ、これだけ翻訳者の権利と気持ちを踏みにじり、訳者が時間と労力をかけて作成した成果物を「前もって範囲を知らせることなく、大量に」約半年間も使用しておきながら、それに対する対価を一円も支払わず、正式な謝罪もせずに事態を収束させようとするのは、やはりおかしくないでしょうか。
 わたしは金銭的な補償と、Aと会社からの正式な謝罪を求めていますが、その話を持ちだしたら、役員からの返信はとまってしまいました。

 どうしてこのようことが起きるのか。ひとつには一冊の翻訳書が刊行されるまでに、訳者が「無料で」引き受けるのが「慣例」になっている作業がいくつかあることが関係しているとわたしは思います。無料で仕事をさせることができる相手に、「敬意」というものが薄れていくのは自然ではないでしょうか。それに付随して「善悪の感覚の麻痺」が起きてくるのも。
 訳者の報酬・待遇の問題については、昨年から〈本のフェアトレード〉というSNSアカウントが興味深い記事の発信や投稿などを始めています。そのウェブサイトで公開されている記事〈「食べていくのは難しい」の意味─出版翻訳者の労働の価値を考える〉(永盛鷹司)に次のような文章があります。

1冊の翻訳書を商業出版するというのは、さまざまなメンバーから成るチームでのプロジェクトだ。そのなかで翻訳者は、訳文に対して責任を負うという役割を担当しているのであり、通常はそれを超える権限も、それ以外の責任も持たないはずだ。それなのに、印税率と発行部数の減少が、翻訳者の収入の算定においてはまるで「本が売れないことに対するすべての責任を直接取らせている」ように機能している。

 こういう問題があるなかで、訳者の労働の成果物が版元によって事前にきちんと相談も通告もされることがなく、無料で大量に使用されるという事態があってもいいものでしょうか?
 版元から本当の意味での誠意ある回答・対応があることを、それをあらためて当ブログでお知らせできることを期待しています。

(わたしは仕事をいっぱいしているわけではないので、版元や電子ブック、その元になっているシリーズの名前を伏せても、みなさんにすぐわかってしまうだろうし、伏せる意味がないかなと最初は思いました。ただこの記事は版元に誠意ある対応を求めると同時に、出版業界で翻訳者とその労働の成果物がもっと尊重される方向への変化が起きてほしいという気持ちもあって書いているので、このような形にしました)
(この版元のファンという方は「こんな記事信じたくない、読みたくなかった」と思うかもしれません。わたしも書かずに済めばよかったと思います。Aに関しては、わたし以外にも不利益を被らされたり、不愉快な扱いを受けた人が複数いるのですが、そのいっぽうで問題なく仕事をしてきた人もいるでしょう。そういう人は「あの編集者がそんなことするわけない」と思うかもしれません。ただAのハラスメント行為の一部については、彼が今後もそれを続けるためにわたしに嘘の説明をした証拠メールが存在し、上司の役員もそれについて把握していることを申しあげておきます)
(「え、あのシリーズの刊行の裏でこんなことが……」とがっかりされた方もいるかと思います。ただAはすでに刊行チームからはずれており、今後は不愉快な問題なく日本語版の刊行が続けていけるようになることを訳者は期待しています(訳者はほとんどなんの権限もない立場ではありますが)。シリーズファン・読者のみなさまにはぜひ、日本語版の刊行を引きつづき応援していただければと思います)
(このシリーズに関しては、納得のいく理由説明のないかぎり、邦訳刊行を打ち切ったりしないという約束を昨夏、役員からされています。不当なことに抗議の声をあげたフリーランスが、さらなる不当な扱いを受けることのないよう、みなさまに見守っていただけないでしょうか。なにとぞよろしくお願いします)

11

07

コメント

ブログ開始10周年!

(2023/11/7)

 いやはやきょうの東京は11月の最高気温を100年ぶりに更新(27.5℃)したんだとか。そんな感じでぜんぜん11月らしくないのですが、11月です——ということは、2013年11月5日にスタートした当ブログが丸10年を超えました! パチパチ。「このブログ、実は10年前から知っているのよ」という方もいてくださるでしょうか。「最近知りました」という方、多そうな気がします。
 10年前に始めたとき、自分がどんなことを目指していたかは正直すでに記憶がおぼろです。更新するペースや書く内容・スタイルも10年のあいだに徐々に変わってきました。これからどういう方向で続けていきたいか、イメージが定まっているようないないような。ただ、わたしが翻訳を担当した本や翻訳者という仕事について、興味を持ってくださる方に思いついたことをカジュアルにお伝えできる場所として大事にしていきたいなあと思っています。これからもときどきのぞいていただけると嬉しいです。

 というわけで、きょうはこちらの記事で予告していた10周年企画のご案内です。
 超ささやかなのですが、過去にわたしが翻訳を担当した書籍で現在絶版となっているもののなかから、三作品各一冊ずつをプレゼントいたします。図書館で読めたり古書店で入手できたりする作品ではありますが、新品はなかなかレアではないかと。11/26追記:『感謝祭は邪魔だらけ』と『薔薇のウェディング』についてはプレゼントをもう一冊ずつ増やしました(『庭に孔雀、裏には死体』は手元に一冊しかないので増やせないのですが)。引きつづきふるってご応募ください。また、当選された方には無料ブックレット〈BOOKMARK〉17 (本についての本特集)を同封する予定です(わたしの翻訳担当書『ペナンブラ氏の24時間書店』の紹介文が掲載されています)。こちらは少し数がありますのでもし「近くにBOOKMARK を置いてる本屋さんがなかった! 欲しい!」という方がいらしたら、プレゼント企画の応募と一緒でも、それとは別でもOKですので、当ブログのメールフォームからご連絡ください。

IMG_2257.jpeg

 ご希望の方は、下記のメモをご一読のうえ、当ブログのメールフォーム(右カラムの「カテゴリ」の下にあります。スマホ版でご覧の方は表示をPC版に切りかえていただければ大丈夫かと)からご応募ください。応募が重なった場合は抽選とさせていただきます。
 応募締切は11月29日。「たま〜にのぞく」という方もいらっしゃると思うので応募期間を長めに設定しました。忘れちゃいそうな方はどうぞお早めにご応募くださいませ。

*メモ*
・当選(抽選になるかどうかわかりませんけどネ)された方には、こちらからメールをお送りしますので、その時点で送付先をお教えください。教えていただいた個人情報は、本の送付にのみ利用し、プレゼント企画終了後は破棄します。
・下記の3冊のなかから欲しい作品の番号を書いてください(と書きましたが、数字が文字化けする可能性もあるので、書名も加えてください。よろしくお願いいたします。11/8追記
・3作品とも興味があるという方は第一希望から第三希望までお書きください。どれかお送りできるかも。
・よろしければ最後に、ふだんよく読む本のジャンル、好きな著者などを書いていただけると嬉しいです(必須ではありません)。
・当選された方には12月1日以降にメールをお送りします。

IMG_2259.jpegIMG_2262.jpeg

①ドナ・アンドリューズ『庭に孔雀、裏には死体』(早川書房)(カバーイラスト坂田靖子)
2001年刊行。いまでも復刊・続刊を望んでくださる方がいらっしゃる、通称鳥シリーズの第1巻。20年以上前の本なので、ちょっとだけ経年感あり。この作品を訳したときの思い出がこちらの記事に書いてあります。

IMG_2260.jpegIMG_2263.jpeg

②クリスタ・デイヴィス『感謝祭は邪魔だらけ』(東京創元社)(カバーイラスト橋本聡・カバーデザイン大野リサ)
2012年刊行。アガサ賞のBest First Novel にノミネートされた作品。ドナ・アンドリューズやジャナ・デリオンの作品に比べると、わりと典型的なコージーミステリと言えるかもしれません。Amazonでは好意的なレビューを読者のみなさんからいただきました。

IMG_2261.jpegIMG_2264.jpeg

③スーザン・ブロックマン『薔薇のウェディング』(ヴィレッジブックス)(ブックデザイン鈴木成一デザイン室)
2015年刊行。トラブルシューターズ・シリーズ第12巻。ここ2、3年ケイシー・マクイストン『赤と白とロイヤルブルー』(林啓恵訳・二見書房)など、同性カップルの恋愛を扱った小説もぐっと人気が出てきているのはみなさんご存じのとおりです。ただし、ほんの数年の差ですがブロックマンの『薔薇のウェディング』が出たころはまだ状況が違いました。いろいろと理由があったのかもしれませんが、わたしの居住区ではシリーズ中この巻だけ図書館に所蔵されなかったんですよね。いっぽう、本書は同性婚をめぐる日本初の条例成立と刊行時期が重なったため、毎日新聞のコラムに取りあげられたりと、ファンのみなさんにたいへん喜んでいただくことができました。訳者としては思い出深い一冊。著者あとがきはいま読んでも目頭が熱くなります。

IMG_2269.jpegIMG_2265.jpeg
(↑上記の記事からだとリンクが切れていたりするので、『薔薇のウェディング』に関連して二度にわたり毎日新聞に掲載された記事は写真を掲載しました)

 というわけで、今回のプレゼントは以上3作品です。果たして欲しいと思ってくださる方がいらっしゃるのか不明ではありますが、ご応募お待ちしております〜。
 先月は更新しそびれてしまったので、今月はほかにもお知らせなどありますし、またタイミングを見て記事をアップしたいと思っております。



12

24

コメント

『ジョージと秘密のメリッサ』刊行から1年

(2017/12/24)



 アレックス・ジーノ『ジョージと秘密のメリッサ』(偕成社)が刊行されてから今月で一年がたちましたが、最近になって嬉しいことが三つありました。きょうはそのご報告と、わたしがこの作品を訳すことになったきっかけについてお話したいと思います。

 まずはご報告のほうから。

はじめての海外文学 vol.3一冊に選んでいただきました
 推薦してくださったのはこだまともこさんです。あらためて、すばらしい作品の翻訳を担当させていただいたんだなあとひしひしと感じました。作品中で主人公が新たな一歩を踏み出すきっかけになる『シャーロットのおくりもの』(E・B・ホワイト著/さくまゆみこ訳/あすなろ書房)もフェアの推薦書となっているため、二冊を近くに置いてくださっている書店さんもあるようです。



BOOKMARK 10号「わたしはわたし、ぼくはぼく」の回に取りあげていただきました!
 創刊当初からすてきな冊子だなと思い、拝見していた冊子に、拙訳書を載せていただく日が来るなんて。10号の巻頭エッセイは松田青子さん。掲載されている作品のなかには買ったまままだ読めていない本もあるので、年明けになりそうだけど読むぞ!

2017年やまねこ賞読み物部門第3位になりました!
 児童書に関する調べものをしていると、必ずといっていいほどやまねこ翻訳クラブのウェブサイトにたどり着きます。わたしも2年ほど前から会員になりましたが、入会後はとりわけ、みなさんの精力的な活動とクラブのマネジメントのすばらしさを目の当たりにして刺激を受けています。そんなクラブの賞で上位に入ることができて感激でした。いただいたコメントは嬉しくてうるっとしてしまった。

 さて、わたしと GEORGE の出会いですが、ジョン・グリーンのこちらのツイートを見たのがきっかけでした。
 リンク先のレビューを読み、その時点ではまだ本が発売になっていなかったため、偕成社の編集者さんに「もしまだ検討していなかったら、ぜひリーディングをさせてほしい」とメールをして……という流れです。
 先に検討を始めていた出版社があったはずなのですが、結局見送ることにしたらしく、最終的なゴーサインが出るまでにはそれなりに時間がかかったものの——その間はこちらの記事に書いたとおり、祈るような気持ちで待っていました——嬉しいことにわたしが翻訳を担当できることになりました。
 わたしはジョン・グリーンをフォローしていたわけではないので、彼のツイートはたまたま目にしたんです。だから、本当に幸運だったとしか言いようがありませんが、何人かの方にこの作品との出会いについてお尋ねいただいたので書いてみました。
 またこういう運や縁に恵まれることを祈りつつ、よい作品を探していければいいなと思っています。

☆関連記事☆
GEORGE を訳すうえで参考になった本
GEORGE を訳すうえで参考になった本 その2
『シャーロットのおくりもの』
翻訳書ドミノ 第19回(E・B・ホワイトの『白鳥のトランペット』(松永ふみ子訳・福音館書店刊))

12

29

コメント

『ジョージと秘密のメリッサ』

(2016/12/29)

 2016年もきょうを含めてあと3日となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? わたしはことしも小分け大掃除をちょこっとやるだけで終わりそうです(苦笑)。

 さて、今月新刊『ジョージと秘密のメリッサ』(アレックス・ジーノ著/偕成社刊)が発売になりました。



 初めて読んだときからぜひ訳したいと思い、無事に版権が取れるのを祈るような気持ちで待った作品です。
 エージェントから送られてきた原書のデータには原著編集者デイヴィッド・レヴィサンの手紙がついていました。そのなかでレヴィサンは、ジーノの原稿を読んだあとすぐ上司のところへ、本書を自社から刊行するためにあらゆる手段を講じていいという許可をもらいにいったエピソードを記していました。通常の会議や承認をすっとばすために。「なぜなら、本書の刊行にかかわれなかったら、わたしは胸がつぶれるにちがいなかったからです」
 わたしもまさにそんな気持ちでした。

 本書の主人公は小学校4年生のジョージ。ジョージは見た目は男の子だけれど、心は女の子というトランスジェンダーです。トランスジェンダーの子が登場する児童書はアメリカでもまだ少ないそうで、その点で本書の持つ意義はとても大きく、全米図書館協会のストーンウォール賞やラムダ賞(どちらもLGBTを取りあげたすぐれた文学作品に授与されます)を受賞し、各種年間ベストブックの1冊に選ばれました。
 
 と同時に、本書はトランスジェンダーというキーワードから離れても、読者の心を揺さぶる作品です。本書には著者ジーノから「ほかの人とちがうと感じたことのあるあなたに——」という言葉が添えられています。集団のなかで孤独感や違和感を経験したことのある方は少なくないと思うのですが、そうした方にはきっとジョージの気持ちがよく理解していただけるはずです。

 今回の記事は訳者としての個人的な思いが多少強く出た内容になっていますが、また別記事で本書に関連した本などご紹介できればと思っています。

渡辺由佳里さんのブログでご紹介いただきました!
☆原著編集者のデイヴィッド・レヴィサンについては以前にこんな記事を書いていました。



09

21

コメント

reco本リレー

(2016/09/21)

 翻訳学校フェロー・アカデミーのウェブサイトの「reco本リレー」のコーナーで、わたしのお薦め本が掲載されています。
 同業者の栗木さつきさんからバトンを受け取りました。わたしがご紹介したのは『カラフルなぼくら: 6人のティーンが語る、LGBTの心と体の遍歴』です。こちらのコーナー、担当編集者さんや訳者さんからのコメントも掲載されていて(今回はポプラ社の斉藤尚美さんと訳者の浅尾敦則さん)とてもおもしろいです。
 わたしからは東野さやかさんにバトンを受け取っていただきました。次回は10月14日更新とのこと。「その他のreco本を見る」のところから、これまでに寄稿された方のお薦め本も見られるようになってます。

 このごろパソコンに向かう時間を少し短くしたいなと思っているのですが、そうしたらブログの更新やTwitterをのぞく間隔が大きくあいてしまったり……。よいペースを見つけるために試行錯誤中です。


プロフィール

島村浩子

Author:島村浩子
東京下町在住の翻訳者。ミステリ・ロマンス・ノンフィクション・児童書など訳してます。本のほかに映画・洋楽・ミュージカルが好き。
Twitter: @rhiroko
Instagram:@reepicheeph
Fedibird(マストドン):@rhiroko
Bluesky:@rhiroko
タイッツー:@rhiroko
訳書一覧はWorks 仕事をご覧ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

*32*

Designed by

Ad